社内研修会を実施

6月初め、林業技術の向上を目指して研修会を行いました。

今回は、平地で傾斜度を自在に再現し安全を確保しながらチェーンソー操作の反復練習ができる「伐倒練習機」(Felling Trainer MTW-01)」を使用し、ベテランと新人が共に学びました。

こうした客観的評価手法を用いることで、自信の技能の特徴や課題に気付くこともできます。

研修を通じて自らの技術・指導方法を見つめ直し、さらに精度を上げ、労働災害の防止につながるよう今後も継続していきます。